勝手口の鍵の作製

柏市光ヶ丘にお住いの方から、「勝手口の鍵を失くしてしまった!新しく作ってほしい。」というお電話をいただきました。

鍵がなくても、同じ鍵が作れるのかということを心配されていたのですが、鍵穴を確認しながら作製する事が可能だということを伝えると、安心されてました。

お電話をいただいてから、約20分ほどでご自宅に到着しました。早速作業に取り掛かりました。

勝手口の鍵は、GOALのGA-4のものでした。
一般的によく出回っている鍵なので、作製作業も30分ほどで終了しました。
鍵がきちんと開くかの確認をしていただき、作業は完了です。
ご依頼者様は、「早くに鍵を作ってもらう事ができて、本当に安心したよ」とおっしゃっていました。

勝手口の鍵は、普段それほど利用されないようなのですが、万が一の為にと、出かけるときはいつも持っておられたそうです。
それをどこかで落としてしまったということでした。勝手口の鍵は、玄関の鍵に比べてやや小さいものが多く、失くされる方もよくいらっしゃいます。

あまり使用しない勝手口でも、鍵がないのは不便です。
弊社では、お電話をいただいてからすぐに駆け付け、鍵の作製作業をすることが可能です。お困りの時は、是非ご相談ください。

徘徊防止鍵で家族の安全を守る

今回は柏市旭町のお客様より、徘徊防止鍵を取り付けたいとの依頼がありご自宅へ相談に行きました。
最近では、高齢化社会という事もあり、このような依頼が増えていますが、大切な家族を守る為にも、徘徊防止鍵は非常に役立つので、不安を抱えている場合は、設置すると良いでしょう。

実際に今回のお客様の御宅を拝見したところ、勝手口から道路まですぐに行けてしまう状態になっており、実際に勝手口から徘徊された事があるようでした。

ご家族の方は皆常に心配しているようで、なるべく早く対処したいとの事でした。
現在、徘徊防止鍵は様々なタイプが販売されていますが、取り付けた事によって、快適さが無くなるような商品は、極力使用しないように気をつけています。
安全で、快適な商品がベストなので、依頼者と話し合いながら、何を取り付けるのか決める事にしました。

依頼者も同じように考えていたようで、迅速に決める事ができました。
今回はドアに徘徊防止鍵を取り付けましたが、引き戸にも取り付け可能なタイプもあるので、困っている場合は、相談する事をお勧めします。
また今回は、高齢の方の為に取り付けましたが、ちいさなお子さんがいるようなご家庭でも、徘徊防止鍵は役立つので、検討してみると良いでしょう。

玄関ドアに新しく鍵を追加

柏市増尾にお住いの方から、補助錠を取り付けたいというご依頼をいただきました。
お客様のご自宅は築年数が経っており、玄関ドアは鍵が一つしかないタイプのものだということでした。
同じ分譲地のお宅が、最近空き巣の被害に遭ったということと、離れて暮らす娘さんが高齢のご両親を心配されているということで、今回鍵の追加を検討されたようです。

ご予算などをお伺いし、鍵の提案もさせていただきました。鍵の取り付け日を決め、電話を切りました。
後日ご自宅にお伺いし、鍵の取り付け作業をさせていただきました。

今回使用する鍵は、MIWA(美和ロック)面付け補助錠 U9-ND2R-1ATBLです。
取り付け作業は、30分ほどで終了しました。鍵の開け閉めの確認や説明をさせていただき、作業は完了しました。取り付け作業の日は、離れて暮らす娘さんも来られていて、「これで安心できる」とおっしゃっていました。

鍵を一つ増やすだけで、ピッキングに遭う確率が低くなると言われています。
鍵を増やすのは、大掛かりな工事などを必要とはしません。
手軽につけられるものが多くありますので、是非弊社にご相談ください!
お客様のご希望に合った鍵をご提案させていただきます。