一戸建て住宅のおすすめ防犯対策

一戸建て住宅で防犯対策をするならば、まずは防犯性能の高い鍵や窓ガラスといった商品を使用することがおすすめです。
防犯性能に関しては、防犯性能が高いとして第三者機関から認定された商品にはCPマークがついているので、このCP認定を受けた商品を使用することが一つの対策になります。

玄関の鍵にはCP認定鍵がおすすめで、CP認定を受けた鍵であれば、ピッキングに対しても5分以上耐える能力があったり、複製を作ることが難しかったりと様々なメリットがあります。

CP認定は、玄関の鍵だけでなくサッシや窓ガラスといった様々な建築部材においても、認定された商品があるので、こういった商品を組み合わせることで防犯性能を向上させることが出来ます。

また、家の玄関は、鍵を2箇所設置する、窓ガラスは鍵とともに、ドアの上部または下部に追加でロックを設置するといったことも高価があります。
 
その他には、家の周囲を照らすセンサーライトも非常に効果があって、家の周囲を誰かが通るとライトが光るようにしておくと、泥棒はとても嫌がります。

また、家の周囲を壁で囲ってしまうよりも、見通しの良い策などにして、外から家の状況が誰にでも分かるように見通しをよくするほうが死角がなくなって逆に安全になります。

基本はワンドア・ツーロック以上

集合住宅の場合ですと建物一棟全く同種の錠前を使用していることが多いため、侵入犯にとってはとても仕事がしやすい建物となってしまいます。防犯性低い錠前を使用している集合住宅なら短時間で何軒も仕事ができてしまうのです。

侵入者は侵入するための作業に時間がかかることを嫌います。そこで、まずは鍵の数を増やして鍵を開けるのに時間をかけさせるようにしましょう。
基本は一つのドアなど鍵がついているところにもう一つか二つ、主錠の他に補助錠を付けることです。手間がかかれば侵入を断念させる効果が期待できます。
侵入犯は人の目を嫌いますので、時間がかかるほど近所の人に目撃される可能性が高くなるからです。

また、鍵自体を防犯性の高いものに取り替えるという手もあります。
ただし、賃貸住宅の場合には個人の判断で工事が必要な鍵の取り付けや、鍵の交換をすることができません。
必ず大家さんや管理会社に相談の上で対策を行ってください。

それから注意したいのは、前の入居者と同じ鍵を使用している場合です。
管理会社が鍵の回収を行っていると言っても全ての合鍵の存在を把握しているとは思えませんし、それを使って侵入してこないとも限りません。
初期費用に鍵の交換費用が含まれていたか、入居前に鍵を交換したかを大家さんや管理会社に確認しておきましょう。
また普段からご近所付き合いをして、自分達の目で怪しい人から守りあうのも大切なことです。

一戸建て住宅と集合住宅に多い泥棒被害の実例

一戸建て住宅で泥棒に侵入される被害として多い箇所といえば、掃きだし窓です。
吐き出し窓を無施錠にしていてそこから侵入されてしまう場合と、鍵をかけていても、窓ガラスに火をあててガラスを焼き破って、クレセント部分に穴を開けてしまって鍵を開けて侵入し金品を盗まれるというケースがあります。
また、物置などを家屋の近い部分においておくとそこを足場にして二階に侵入されて、無施錠の窓から侵入されるという場合もあります。

集合住宅によく見られるのは、玄関からの侵入です。
集合住宅で多い手口は、「ピッキング」や「サムターン回し」です。
鍵穴にピッキングの道具を差し込んで解錠してしまう手口や、ドアに穴をあけて、サムターン回しの工具を使って、家屋の内側のサムターンを回して解錠して侵入し金品を盗まれるというケースがあります。

集合住宅の場合は一度入居してしまうと玄関ドアのリフォームといったものを手がける機会が少ないので、旧タイプの鍵がそのまま使用されている場合が多いので、一戸建て住宅よりもピッキングの被害に合うケースが多いといえます。

また、集合住宅でオートロックの管理がされているマンションなどは、他者が入りにくいという油断から施錠を忘れていたり、少ない時間であれば施錠せずに外出するという場合もあって、無施錠の玄関から侵入されるケースもあるので、ドアのロックをしっかりとすることが重要です。

戸建て/集合住宅の防犯対策