一人暮らしの防犯対策

これまで一人暮らしをしていた人もこれから一人暮らしをする予定の人も、おそらく防犯について考えたことは少ないでしょう。
というのも、一戸建てならともかく、マンション住まいの場合は防犯カメラを設置するにも大家さんの許可が必要だったりしますし、また外出の際は玄関の鍵を掛けておけば大丈夫だろうと考えているかもしれません。

しかし、実は玄関の鍵を掛けておくだけで防犯していることにはなりません。
それは最低限するべきことであって、泥棒被害は鍵を掛けているにも関わらず起こることがあります。なぜなら鍵を解錠するピッキングのスキルは年々上がってきており、特に古い形状の玄関の鍵は簡単に破られてしまいます。

ですから玄関の鍵のシリンダーを新しいタイプに交換することで、ひとまず防犯能力は向上します。しかしそれでも解錠してくるスキルを持った泥棒は存在します。そしてスキルの高い泥棒は残念ながらそう簡単に捕まるわけもなく、他人事に考えていては次の被害者は貴方かもしれません。
そこで、更に防犯性能を向上させる方法は、補助錠を取り付けることやICカード式のドアロック補助錠を取り付けることをオススメします。

特に難しい工事は必要ないですし、確実に泥棒の被害から身を守ることに繋がります。

ワンドア・2ロックで防犯力を高める

 とくに一人暮らしの女性の方は、家の防犯対策はしっかりとすることが大切です。たとえ、オートロックマンションに住んでいるからといっても油断は出来ません。
 ドアの鍵を開錠する方法はさまざまで、一時話題になったピッキングやサムターン回しなど、犯罪者も次から次へと新手の手法で個人の住居に侵入しようとしています。

 そんな犯罪者から身を守るための対策として、住居の戸締りはとても大切です。
ただ、上記のように鍵を新しく交換するのが難しい場合もあると思います。そんなときにもできる、効果的な対策があります。
それが「1ドア・2ロック」です。

1枚の扉には鍵が1つではなく、最低2つはつけましょうということです。

玄関ドアであれば、中央部とその下方か上方にもう一つ鍵をつけることが重要です。住居への侵入を図る犯罪者は、侵入にかかる時間が長くなればなるほど侵入をあきらめる傾向にあるので、鍵をたくさんつけるということは防犯対策としてはとても効果があります。

 また玄関扉以外でも、吐き出し窓などでも、窓の中央部にある鍵のほかに、窓の下のほうに扉が開かないようにするロックをつけてしまうということもとても効果があります。窓にあらかじめロック機能がついているタイプのものも最近では多いですし、窓のサッシに後付で貼り付ける器具も販売されているので、このように2重のロックを活用することで住居の防犯力を高めることが出来ます。

一人暮らしで気をつけること