鍵山の溝が浅くて少ない鍵はNG

住宅の玄関の鍵を開錠されて自宅に侵入されるという被害があとを絶ちませんが、その原因として、ピッキングなどの侵入手段にとても弱い鍵の存在があります。

防犯性能が低い鍵としては、鍵山の溝が浅くて、山の数も少ない鍵はピッキングなどの被害にあいやすく防犯性能が低いといえます。また、このような鍵は複製もされやすいというデメリットもあります。

防犯性能の低い鍵の種類としては、ディスクタンブラーを使用したディスクシリンダー錠は、合鍵の複製が簡単にできてしまうのが欠点で、さらにピッキングに弱いといえます。また、ピンシリンダー錠も防犯性が低いといえます。

さらには、マンションなどではサムターンを外から回して開錠するサムターン回しという侵入手段がつかわれることがありますが、サムターンが取り外しが出来ないタイプの鍵も防犯性能が低いといえます。

このような鍵は、築年数が10年以上といった古いマンションや一戸建て住宅に現在でも多数使用されたままになっているので、該当する鍵を使用している場合は直ちにティンプルキーなどの最新の鍵に取り替えることで、泥棒などから侵入される犯罪の被害を少しでも防ぐことができるといえます。

防犯性能の低い鍵は、ピッキングの被害に合いやすく危険

家の安全を守るという大切な役割を担っているのが、家の鍵ですが、鍵をかけたらもう大丈夫と安心してはいけません。

玄関の鍵をかけていても、外出している間に家の中に侵入されて、大切な財産を盗まれてしまうという被害がたくさん起こっています。

家の戸締りをしっかりしたのに、それでも家の中に侵入されてしまうのは玄関の鍵の防犯性能が低いためです。
まさか泥棒は玄関からは入らないだろうという油断が一番危険で、場合によっては、数十秒で玄関のドアを開錠されてしまう場合があります。

このような被害に合うのは、昔ながらの古いタイプの鍵を使っている場合です。
このような鍵であれば、鍵穴に道具を挿入して開錠するピッキングがとてもやり易いといえます。
さらには、こういった鍵を使っている住居は鍵も1箇所しか設置していないのも問題といえます。

最新の家屋であれば玄関の扉には2箇所鍵穴が用意されているのが普通ですが、1箇所しか鍵が無いためにより侵入され易いといえます。
また、泥棒は鍵が1箇所しかない家屋を好んで進入する傾向もあります。
ですから、このような被害に合わないためには、鍵は2箇所つけて、鍵のタイプも最新のティンプル錠や電子錠などにすることで被害を防ぐことができるといえます。

防犯性能が高い鍵とは

防犯性能が高い鍵を選ぼうとした際には、どのような鍵が防犯性能が高いのか判断に迷うところです。

防犯性能が高い鍵としては、まず、ディンブルシリンダー錠があります。
この鍵は、鍵に刻むピンの数を増やすことにより、ピッキングや複製がしにくくなっていますし、複製もされにくい鍵といえます。
ですが、従来型の鍵と同じように鍵穴に鍵を差し込んで開錠するという部分では旧来からの鍵の概念からは抜け出せていません。

従来の鍵と異なる高性能な鍵としては、タッチ式カードキー、指紋認証キー、リモコンキー等といった電子式の鍵があります。

これらの鍵は、従来の鍵穴に鍵を差し込むといった鍵ではなく、リモコンキーのオン・オフや、指定の箇所にふれるだけで開錠することが出来るために、鍵穴からピッキングの被害を受けるといった危険性がないですし、鍵の複製も出来ないので非常に防犯性能が高い鍵といえます。 

鍵穴が無いために、鍵がかかる部分を天井部分に持っていくことも可能で、鍵穴を回すタイプの鍵であれば、鍵がかかる部分に制約がありましたが、その制約が無いために、あらゆる部分にロックする箇所を持っていくことが出来るので非常に侵入しにくい鍵といえます。