鍵を抜いていても車の盗難にあっている人がたくさんいます

車はほぼ全ての家庭にあるといえる便利な乗り物ですが、その大切な車が盗難にあっているケースが非常に多いといえます。
しかも盗難にあっている状況をみると、車のドアをきちっと施錠して、車のキーも抜いてしっかりと所持しているのにも関わらず盗難にあってしまっているケースが自動車の盗難事例では多いのです。

つまり、車の鍵をしていても、鍵を開けられてしまっているのであり、車の合鍵を使われたり、鍵穴を壊されたりして盗難にあっています。
古い車はシリンダー式の鍵穴がある車がほとんどで、このような車は盗難に合い易いといえます。盗難被害を防ぐのであれば、スマートキーと呼ばれる電子式の鍵を使うことが一つの対策になります。

スマートキーであれば、キーを携帯して、スタートボタンを押せばエンジンがかかるので、鍵穴は無いので、鍵穴をつぶされて盗難にあうといったことも防げますし、スマートキーがなければエンジン自体がかからないので動かすことが出来ないといえます。

さらには、専用キーから発信される暗号とIDが一致しないとエンジンがかからない「イモビライザー」と呼ばれる盗難防止装置を使用することで、防犯性能を更に向上させることが出来るといえます。

インロックとは?

車の鍵のトラブルで多いのが「インロック」です。インロックというのは、車のドアの部分についているロックノブを下げたままドアを閉めて開けられなくなってしまう状態です。

エンジンを切ってキーを差しっぱなしにしていたり、車内に放置してドアを閉めてしまうと開けられなくなるので大変です。

私たちは、こういったインロックのトラブルを解決できます。
電話で連絡すればすぐに来てくれて開錠いたします。
一般的な国産車でギザギザタイプのキーであればピッキング作業で簡単に開錠することができます。

また、最近多いイモビライザー付きスマートキーであったとしても、ドアを開けるための鍵穴がついているのが普通ですから開錠は可能です。
開錠が難しいのは一部の外国車です。非常に防犯性が高くなっているタイプの外国車の場合はピッキングでの開錠はかなりの困難を極めます。

インロックをしてしまうとかなりショックだと思いますが、その際は落ち着いてご連絡ください。
道路、駐車場、パーキングスペース、路肩、サービスエリアなど、様々な場所まで駆けつけて対応することができます。

イモビライザーの合鍵作成について

最近、イモビライザー付きの車が増えています。

イモビライザーとは自動車の盗難防止のための電子装置で、鍵のIDコードと車両のIDコードが一致しないとエンジンがかからないキーのことです。車のドアをピッキングされたとしてもエンジンがかからないので防犯上は非常に優れています。

しかし、イモビライザー付きのキーを失くしてしまうと大変です。なぜなら一般的なギザギザのキーと違って簡単には合鍵が作れないからです。ディーラーに合鍵を作製依頼したとしても車に搭載されている送信機ごと交換になってしまいかなり料金を請求されたり、依頼してから作成に1週間以上にかかるということもあります。
だからイモビライザー付きのキーを失くしてしまうと大変なのです。

ではイモビライザー付きの鍵をなくしてしまった場合にディーラーに頼む以外の方法はあるのか?という疑問ですが、その時は私たちのような鍵屋さんがあります。
車側の送信機を交換することなく、コンピューター操作によって初期化した後に新たにIDを作って再び利用できるようにする手法もあります。
イモビライザー付きのキーをなくして合鍵を作ってほしい場合は、ディーラーもしくは鍵屋さんに相談してみましょう。

車の鍵の防犯対策